ショッピングガイド ショッピングガイド

ヴィンテージ ナバホパールネックレス

¥165,000 税込

IQY

カートに追加しました。
カートへ進む

大胆なデザインとスタンプワークが特徴のナバホ族の40s-50sの作品。
ヴィンテージシルバービーズネックレス。
ビーズ1粒ずつに施された花のスタンプワークが美しく、シンプルながらもヴィンテージらしい重厚感を感じるネックレスです。
自然でなだらかにサイズのグラデーションがされており多くのスタイリングに馴染みやすく末長く使えるアイテムです。


【ナバホ族】
アメリカ中西部のインディアン部族の中でも最大の人口やリザべーションを有する民族。
元々は狩猟民族で、スタンプワーク等の技術を得意とし、インディアンジュエリーの大部分がナバホの作品となります。


【Sterling Silver】
スターリングシルバーは、銀含有率92.5%の地金であり、こちらは世界中で共通の基準となっています。
シルバー以外の7.5%(『割金』と呼ばれる)には、銅やアルミニウム等が含まれています。(現在では、スターリングシルバーの割金は7.5%全てが銅と決められています)
ネイティブアメリカンジュエリーにおいては、その初期に身近にあった銀製品、特にシルバーコインを溶かすことで、材料を得ていた背景があるため、現代でも限られた作家によりコインシルバーを用いる伝統が残されています。
シルバーの色味や質感は、『割金』や製法にも左右され、コインシルバー900とスターリングシルバー925の差異は純度2.5%の違いしかない為、見た目で判断するのは困難ですが、やはりコインシルバーは少し硬く、着用によってシルバー本来の肌が現れた時に、スターリングシルバーよりも深く沈んだ色味が感じられると思います。
さらに古い1800年代後半頃の作品では、メキシカンコインが多く含まれていたためか、そのシルバーの純度は95.0%に近くなっているようですが、身近な銀製品を混ぜて溶かしていた歴史を考えると純度に対してそれほど強い拘りはなかったことが推測されます。

【Sterling Silver】スターリングシルバー(=925シルバー)
銀含有率92.5%の地金であることを示す表記であり、1930年代中頃には登場していた刻印です。
ただし、ショップやトレーディングポストにおいて多用されるようになったのは戦後である1940年代末以降のようです。
1940年代以前に作られたツーリストジュエリーでも散見されますが、第二次世界大戦中の銀の不足が影響したと推測され、1940年代末以降の作品で非常に多くみられるようになりました。
『925』の表記も同じ意味を持っていますが、925の刻印はインディアンジュエリーにおいては非常に新しく採用された刻印であり、そのほとんどが1990年代以降の作品に刻印されています。
Sterling Silver/スターリングシルバー(=925シルバー)は、熱処理によって時効硬化性をもち、細かな細工や加工に向いている為、現在においても食器や宝飾品等様々な物に利用されています。

ブランド
Vintage
サイズ
全長 約 75.7cm パール 縦 約1.7cm 横 約1.3cm(最大)
材質
シルバー
年代
1940-50年代
商品番号
2040104903119

RECOMMEND

おすすめアイテム一覧