Atelier Ninonについて
< ホームへ戻る

時を経て大切にされて来たジュエリー

かつての日本もそうであったように、ヨーロッパの人々は普段から古いものに価値を見出し、リペアしながら次の世代に繋いでいくことを大切にしています。作られてから100年を経たものはアンティーク、100年以下のものはヴィンテージと呼ばれ、価値あるものとして扱われています。

古いから価値があるのではなく、大量生産ではできない職人の素晴らしい手仕事やその想いに対する評価です。持ち主が変わりながら時を経て、大切に大切に受け継がれて来たジュエリーの『時を経て輝く存在の魅力』をお伝えしたいと思っております。長い年月の間についてしまった傷は愛着の印として愛おしく感じられる個性となっています。

『価値ある古いジュエリーを後世に繋いで行く』という想いでジュエリーに向き合っています。

コンディションにつきまして

長い時代を経てきた商品のため多少の傷、歪みがあるものがございます。商品の美観をそこなうような傷などにつきましては写真に載せておりますが、経年の変化につきましてはヴィンテージ・アンティークの特徴の一部の味としてお楽しみいただければと思います。追加の写真のご希望や 商品のコンディション関してのご質問等はメールでお気軽にお問い合わせ下さい。

当店では、アンティーク商品にありがちなワイヤーの緩み、石のぐらつきなどは風合いを損なわない程度にできるだけ修復し、店内のアトリエにてひとつひとつ丁寧にクリーニングをして販売しております。安心してお求め下さい。